1. HOME
  2. 共通ポイントQ&A
  3. 主婦が地元スーパーのクレジットカードを作った話

主婦が地元スーパーのクレジットカードを作った話

地元スーパーのクレジットカードを作ったきかっけを教えてください

はい、今の家を購入して8年経ちます。
家から歩いて100メートル程の近所にあるスーパーマーケットの「いなげや」が私の日常の食料品の購入先です。
こちらのスーパーマーケット会員カードとして「いなげやingfanカード」というものがあります。
カードの種類は2種類。現金で買い物してポイントが貯まるタイプとクレジットカードを利用してポイントが貯まるものです。
私は基本、現金での買い物派なのですが、クレジットカードで買い物した場合、ポイントが2倍になるのに加え、第三日曜日には、店内ほとんどすべての商品が5%オフになるサービスもあり、メリットが多いカードだということが分かりカードを作ろうと思いました。
最初は主人の名義でカードを作りました。

そこから自分のカードを作る事になった、いきさつを教えてください

ずっと主人名義のカードを私が利用していましたが、半年ほど前に急に店員さんからこのカードは本人以外使えないと言われたのです。
前日まで普通に使えていた、主人名義のカードが急に使えなくなったので、私も多少、強く店員さんにどういうわけか問い詰めました。
すると会社の方針でカード名義人の確認の徹底化、本人でないものは絶対に使用できないということが決まったそうです。
仕方がないので、今までの主人名義のカードを諦めて、自分名義の同じカードを作成することにしました。
カード会社も色々と面倒なことを言うなと思ったのが正直なところです。

手続きはどのようにしましたか?

手続きに関しては、お店でもらったパンフレットに付いているハガキに必要事項を記入し、ポストに投函するだけだったので非常に簡単でした。
2週間ほどでカードも届いたので、問題ありませんでした。

カードを作って良かったと思う事は何ですか?

このカードの良いところは何といっても、そのポイントの還元率。
ポイントは年に2回の精算期間に「いなげや」の商品券と交換できるのですが、年額で言えば商品券一万円分以上は毎年頂いています。
普段の買い物で勝手に溜まっていくのですから、嬉しいサービスです。
しかも期間中に総額で一定の買い物をすると、ボーナスポイントまでついてくるので、買い物をする度に、お得と感じています。
日々の買い物で、私にとっては必須クレジットカードとして、今後も大活躍してくれることでしょう。