1. HOME
  2. 共通ポイントQ&A
  3. Tポイントを貯めるためにedionカードを作った話

Tポイントを貯めるためにedionカードを作った話

何故edionのクレジットカードを作ろうと思ったのですか?

それは、車の修理に、いつも行く車メーカーの担当者から、支払方法を尋ねられた時の話です。
その時、昔から使っている使用のカード払いにしました。
でもその担当者の若き男性から、「自分も、ポイントが貯まるカードを持っていて、自動車の修理や、光熱費に至るまでを、カード払いにしてTポイントが貯まると、金額分で、自分の欲しい商品の購入や、ポイントを使って支払いすると、すごく安価に購入できるので、お得だ」と話して下さった事が、一番のきっかけです。

edionカードはいつ作りましたか?

2年前です。
主人と、edionに、電気製品を購入しに行った時、レジの近くに設置してあった、edionカードのパンフレットを見つけ、主人と共に即日、入会をしました。

edionカードの活用方法を教えてください

光熱費、ちょっとした品の購入、電車の定期購入に至るまでを、このカード払いにしてTポイントが貯まると、パソコンのカラーインクや、印刷紙等の代金に充てています。
パソコンのカラー印刷用のインク代も、備品としては、高額ですから、車メーカーの担当者の言葉ではありますが、本当に得したカードに入会したなと感激しています。

edionカード以外に使っているカードはありますか?

あります。持っているカードは、年会費も高額で、いつの間にか気付けば、年会費が口座から落ちている状態でした。
継続を強いられるという印象が強かったので、余り使用する回数は多くありませんでした。

edionカードを使って1番感じた事は何ですか?

ポイントでの買い物が、現場に行って目で確認し、自分が本当に必要している商品をを入手できる事が1番、手軽で便利さを感じます。
ポイントの明細も、毎月、定期的に郵便で届けられ、購入品や、光熱費等、その月々の使用品目と金額を再確認できるのも魅力の1つです。
カードで支払う分野が増加するにつれ、落とされる日の異なる内容を、銀行やAТМで、通帳を通しての確認をせずに、一括で、何項目かの出費額が判明出来る事も、他の持っているカードとは違うなと実感しています。
カードは使い方次第で、便利な商品である事は、間違いなさそうです。